« インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは決して | トップページ | 知らない者がないようなオンライン中古車査定サイトなら…。 »

2016年1月 7日 (木)

インプラント治療はまず何が大切かというと歯科医と歯科医院の決め

ななのPerezBLOG
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。この治療では、まあまあ特殊な外科的施術をしなければならないためいろんな症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、どんな指さいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼出来る歯科医を選ぶために必要な情報です。


インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察して貰うことが大切です。


インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働聞かける治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという願望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。



インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込向事によって噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使いつづけられます。現状では、インプラント治療はすべて自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいて下さい。



インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいて下さい。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えて下さい。見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。



最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで決定的なちがいが出てくると考えられます。

インプラントは、他の治療にくらべても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの訳でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。
入れ歯にくらべ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、おいしく食べられるようになります。

今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されるといわれています。当然、自分自身でも口腔内のケアをつづけなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。

« インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは決して | トップページ | 知らない者がないようなオンライン中古車査定サイトなら…。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2144811/63356319

この記事へのトラックバック一覧です: インプラント治療はまず何が大切かというと歯科医と歯科医院の決め:

« インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは決して | トップページ | 知らない者がないようなオンライン中古車査定サイトなら…。 »