« 虫歯の危険性はインプラントにはありませんが治療後はほ | トップページ | インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは決して »

2015年12月30日 (水)

インプラントとクラウンがどうちがうかと

インプラントとクラウンがどうちがうかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで大聴く歯を削り、差し歯では不十分だとしても歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウン治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)が可能になります。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を検討することになります。インプラントという治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」といわれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯とくらべて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、ご飯も格段にしやすくなっています。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯をつくる歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)費は高額になっています。欠損した歯が少ない場合、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着い立ところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優位に立ちます。また、ブリッジ治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。


長い治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。



ずっと使いつづけられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)技術が進歩しても、結局大切なのは自分自身でのケアなのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。担当歯科医による定期的な経過観察をうけるようにしましょう。歯科治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の現場は日々進化をつづけています。最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、インターネットの口コミなども利用して選びましょう。
入れ歯や差し歯に変る技術として注目されているインプラント。その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯をつくる歯科技工士の技術によるのです。
熟練の技術に加え、審美性をもとめる芸術センスが必須になってきます。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯とくらべても高額になるというわけですね。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。
須田のよしこ日記



アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。


歯科におけるインプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。


金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行ない、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)方針を決めてから本格的に治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聴き入れて治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行えます。治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)が終わっ立ところで、重要なメンテナンス(保守や点検、整備などをいいます)を患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかも知れません。

どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。



インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に生活を送って下さい。普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えて下さい。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聴き、再開時期を確認しておきましょう。

« 虫歯の危険性はインプラントにはありませんが治療後はほ | トップページ | インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは決して »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2144811/63218170

この記事へのトラックバック一覧です: インプラントとクラウンがどうちがうかと:

« 虫歯の危険性はインプラントにはありませんが治療後はほ | トップページ | インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは決して »